低金利キャッシング

MENU

進学するための教育費用

"私の周りでも、お金がなくて進学できなかったという人が数人います。
私もその一人かもしれませんが、私は自力で進学しました。

 

これは私個人の意見かもしれませんが、もし本当に進学して勉強したければ、自ら進んで勉強しますし、周りもそんな姿を見て、協力しようと思うでしょう。

 

ロクに勉強もしないで、ただ進学だけしたい、と言っても協力者は現れないと思います。
ハッキリ言って、そんな中途半端な心構えで、進学しても、極端に言えば、お金をドブに捨てているのも同じかもしれません。

 

私は進路がはっきりと決まってから、自分の貯めたお金で、進学をしました。
本当にやりたいことがあって、その為にどうしても進学したいなら、最後は自分で自力でいくべきだと思います。

 

結局、言い訳をしているうちは、その機が熟していないか、単なる愚痴にすぎないと思います。

 

 

進学するための教育費用

 

借金返済を早く終えたいけれど

"私は以前、夜に副業をしていたことがあります。

その時に、たくさんの主婦層の方が仕事をしていました。

 

たぶんその方たちも副業だったのだと思います。
副業は好きな仕事でない単純作業などは、だいたいお金のために働いている人がほとんどです。

 

きっとその主婦層の人たちは、子供たちも莫大な進学資金を稼いでいたのかもしれません。
子供を大学に進学させるのには、相当なお金がかかります。
そのお金を工面するために、お母さんたちは一生懸命働いていました。

 

夜の副業をしている人たちは、お金が必要な人ばかりです。

 

私もその時は、借金の返済のために、副業をしていました。
働いても働いても、借金は減らない、という状況だったので、本当に辛かったのを覚えています。

 

今も借金があるので、それを今後どうして返済していこうか、考える毎日です。

 

"